西野くにのプロフィール

おすすめしたいビジネス書 HKT48指原莉乃著書 逆転力

フリーランス

こんにちは

西野くにです。

今回はHKT48の指原莉乃著書『逆転力 ~ピンチを待て~』を読んだので紹介したいと思います。

 

↓この本のアマゾンページです。

読んでみたいと思った方、是非ご購入はこちらから!

逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 MOOK) | 指原莉乃(HKT48) |本 | 通販 | Amazon
Amazonで指原莉乃(HKT48)の逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 MOOK)。アマゾンならポイント還元本が多数。指原莉乃(HKT48)作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 MOOK)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

スポンサーリンク

HKT48 指原莉乃さんとは

指原莉乃さんは現在、HKT48に所属。

大分県生まれの現在26歳です。

AKB48第5期生としてオーディション受け、研究生として合格。

その後、東京に上京。

現在ではAKBグループの中で一番知名度があるメンバーです。

 

こういう経歴のアイドルが本を書いています。

 

さえない中学時代 環境を変えることが大事

この本の前半部分は指原莉乃さんの少女時代の話です。

なぜ彼女が高校進学しないでAKBのオーディションを応募したのか。

中学卒業と同時に大分を出たのか。

 

彼女は大分にいる人ではなかったと思います。

 

この部分を読むと、環境の合った場所へ移る大切さを考えさせられます。

このブログを見ている人はほとんどが大人ですが、小学生や中学生にも是非読んでほしいです。

是非、お子さんがいる方は、子供に読ませたらためになりますよ。

 

この本に学ぶ組織での居場所の作り方

この本では指原莉乃さんがなぜ、現在 AKB グループのトップになったのか知れます。

それは偶然ではなく、彼女の戦略です。

その方法について書いていきます。

 

自分がやりたいと思う場所を選ぶ

指原莉乃さんは中学を卒業と同時に大分から東京行きました。

自分がやりたいと思う場所へ行くことは意外と多くの人ができませんよね。

 

普通の人ならアイドルになりたいと思っても、高校へ行くはずです。

みなさんも自分がやりたいと思う場所を選ぶ決断は大事ではないでしょう。

しかし、自分がやりたいと思う場所を選びその場所へ行く努力をしたから今の指原莉乃さんはあるんだと思います。

 

みなさんは自分のやりたいと思うこと選んでいますか?

 

自分キャラを確立する

指原莉乃さんはAKBという数百人のメンバーがいる中、自分のキャラを確立しました。

これは会社でも一緒です。

会社でも優秀な社員ほど自分の居場所を見つけています。

 

組織にいると、組織に合わせる人間になることが大事だという人も多くいます。

しかし、指原莉乃さんはその逆をやりました。

AKB というのはアイドルグループですが、指原莉乃さんはアイドルらしくないことばかりしています。

 

それらを行ったことにより、彼女は組織の中でキャラを確立しました。

これも彼女の戦略だと、本を読めば読むほど感じられるはずです。

みなさんも組織の中で悩んだら、その組織にいないキャラを見つけて狙った方がいいですよ。

 

キャラを確立したらそこを伸ばす

指原莉乃さんは正統派アイドルのキャラではなく、いじられキャラで知名度を上げました。

いじられキャラが世間にウケたことで、その部分をより伸ばしていく方法を行っています。

 

私もそうですが、苦手なことを1時間やるのは苦痛です。

指原莉乃さんは自分がやりやすいことに特化する方法に変えました。

その積み重ねによって、今のトップアイドルの地位になっている理由ではないでしょうか。

 

指原莉乃さんの仕事術

この本では指原莉乃さんの仕事術についても書かれています。

ここでは彼女の仕事術を中心に書いてみます。

 

企画書はいっぱい出す。

指原莉乃さんは現在HKT48の支配人です。

しかし、メンバーの時から企画書を出す機会が多かった。とこの本には書かれています。

 

彼女は企画書をいっぱい提出することが大事だと言っています。

そして、彼女は10個企画書を提出したら、9個は実現不可能な話を入れていたみたいです。

 

彼女は10個の企画書の中に1つだけ本命の企画を入れることで、その企画が通りやすくなると言っています。

匠な仕事術を持っているから上層部も指原莉乃さんへの信頼は厚くなる。

 

これらのことは明日から実践できる内容ですね。

 

ファン目線重視の提案

指原莉乃さんはアイドルでありながらアイドルオタクです。

そんな彼女のアイデアはファンが望んでいる企画を実践してくれる。とファンから評判があります。

 

このことは仕事をするうえで大切なことです。

例えば、旅行好きな人が旅行会社のプランを考えた場合、このプラン面白い興味あるとお客様は思えます。

なぜなら、その旅行プランは旅行好きな人が旅行したいと思ったプランだからです。

 

指原莉乃さんは同じような事をアイドルでやっています。

日本では顧客第一主義という風に言われています。

しかし、日本の顧客第一主義はお客様が神様という考えです。

 

本来の顧客第一主義はお客様が望んでいることを店員ができるかだと思います。

私もこれからもお客様を神様とするのではなく、お客様が望んでいる仕事をしたいですね。

 

指原莉乃の思考論

なぜ指原莉乃さんが今このような地位を持っているのか。

それは指原莉乃さんの思考力にも魅力があるからです。

ここではこの本に書かれている思考術について紹介します。

 

物事をポジティブに考える

正直、この本を読んでいると指原莉乃さんは絶対反省しない人だろと思ってしまいます。

なぜ、そう思うのかというと、私もそういう性格だから。

 

ポジティブに考えられるか考えられないかが、重要だと思います。

指原莉乃さんは何かあってもポジティブに考えられる。

 

立ち直りが遅かった、その時間はすごく無駄にしている。と思いませんか?

例えば、一晩悩んで凹んでも、次の日はあっけらかんとポジティブに考えられる。

 

一か月引きずる人だったら、一か月間ずっとネガティブな事しか考えられません。

一か月、無駄していませんか?

 

それだけポジティブに考えられることはメリットが高いです。

 

好きなことを好きだ。と言いまくる

私もそうですが、結構好きなものは好きだと言いまくってます。

やりたいことはやりたいと口に出すことは大事です。

 

言わないと、周りの人には伝わりません。

例えば本当は嫌いな仕事を淡々とやっていたら、相手の人はこの仕事が好きなんじゃないかなと思う可能性もあります。

それが好きな仕事は好きと言えば。好きな仕事を振ってもらえる可能性が高くなります。

 

またフリーランスになったら、好きな仕事を選ぶことが仕事の効率にもつながります。

皆さんも本音を言ってみませんか?

 

戦わずに目標をたてない

この本で指原莉乃さんは『目標を立てない』と書いています。

人それぞれの考え方があると思いますが、 目標を立てないことで、少しでもできたらプラスになるとのことです。

 

例えば目標を立ててしまうと、目標を達成したか達成していないかで考えてしまいます。

何かができたとしても、目標を達成しなかったらマイナスな考えになってしまいますよね。

 

目標をたてなければ、行動を起こすだけでプラス感が得られる。

このように自分のモチベーション上げることも、大事だとこの本を読み気づきました。

皆さんも目標達成に悩んでいたら目標をたてないことも大事ではないでしょうか?

 

アイドル本かと思ったら内容はビジネス書だった

正直言って、この本を読む前まで期待していなかったです。

しかし、読み出したらすごく勉強になりました。

下手なビジネス書より内容濃くてびっくり。

 

来週からは新年度が始まりますが、みなさんも春の読書を楽しんでみてはどうでしょうか?

 

 

コメント