西野くにのプロフィール

まだ農薬で消耗しているの?農薬を使うことへのデメリット!

田舎暮らし

こんにちは

西野くに(@NishinoC )です。

 

皆さんは農薬についてどんなイメージを持っていますか?

 

農薬は体に良くない!

でも、農薬を使わないといけない!

そんなイメージがあるはずです。

 

今日は農薬を使わない野菜作りをする理由を書いていきます。

 

スポンサーリンク

無農薬栽培と有機栽培の違い

最初に無農薬栽培の意味についておさらいしてみましょう。

無農薬栽培とは、その名の通り、生産期間中に全く農薬を使用しない栽培方法を指します。が、全く農薬を含まない農産物をイメージする人が多いのではないでしょうか。 実際には土壌に農薬が残っていたり、他の畑から飛散してきたりくることも考えられます。農産物に全く農薬を含まないことを示す厳格な基準やそれを認定する機関がないため、誤解を招くことがないように、現在は「無農薬」と表示することが禁止されています。
引用: 意外と知らない 有機栽培と 無農薬栽培の違い

 

また、有機栽培とは下記のこと言います。

有機栽培(有機農業)とは、「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと、並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業」と定義されています。
引用: 意外と知らない 有機栽培と 無農薬栽培の違い

 

現在は無農薬栽培という言葉はなく有機栽培と言うのが一般的です!

農薬を使わない野菜作りのメリット

農薬を使わない野菜作りのメリットはみなさんわかりますか?
安全というイメージがあると思いますが、それだけではありません。
農薬を使わないメリットを3つ見ていきましょう。

農薬を使わない分お金を節約できる。

農薬は使用する農薬によってはとても高価です!
実は最近増えているのが、農薬が高すぎて農薬を使わない農家。

例えば、1年間に10万円農薬にかけている農家さんの場合。

『農薬を減らすだけで10万円コストが削減可能』

結果的に農薬を使わないことで経費が減るため収入が増える。

また、農薬を散布する場合、散布機や防護服・防護用マスクなども必要になります。
農薬の使用をやめると結果的に経費が少なくなって、農家さんが儲かるんです。

農薬を使うと手間と体力がかかる!

農薬を使うと手間と体力がかかります。
農薬は買っても、まかないと意味はありません。
この農薬をまく作業はすごく大変。
私が以前農薬をまいていた方法は、肩に20リットルの農薬入りの水を背負う。
特に農薬を撒く作業は夏場なら地獄。
農薬を撒かないと農薬を撒く時間も削減されるので嬉しいことばかりです。

農薬を撒く人への健康被害がすごい

最後に農薬をまく場合、まいた人への健康被害が大きい点です。
特に果樹への農薬を散布は、確実に風にのって体へ農薬がかかります。
そういった理由から農薬をまきたくない農家も多い。
映画にもなった「奇跡のリンゴ」でもこの話が出てきます。
農家の奥さんが農薬で苦しみ、りんごを無農薬栽培するお話です。
無農薬のりんご栽培をした農家の話
映画 奇跡のリンゴ

終わりに

今回は農薬を使わない野菜作りをさらりと書いてみました。

農薬を使わないメリットがわかりましたか?

 

今後は農薬を使わない野菜栽培をしていこうと計画中です。

農薬を使わない野菜栽培についても、また進展があったらお知らせします。

コメント