西野くにのプロフィール

奈良県大淀町の地域おこし協力隊が案内! 大淀町おすすめ旅

一人旅

こんにちは

西野くにです。

 

今回は奈良県の大淀町(おおよどちょう)へ行ってきました。

地域おこし協力隊の外狩さんご協力で大淀町を満喫!

 

奈良県には何回も行ったことがありますが、大淀町は初めて。

大淀町という名も協力隊の外狩さんと知り合ってから初めて知った名前です。

 

スポンサーリンク

今回の旅先案内人の地域おこし協力隊

今回、大淀町の案内人 地域おこし協力隊外狩さんです。

外狩さんのツイッターは面白いのでフォローしてみてくださいね。

 

外狩さんはこちらの記事でも取り上げています。

 

今回、外狩さんとは最寄り駅の下市口駅で待ち合わせをしたのですが、会った瞬間から親しみやすい!

実は、外狩さんと会うのは初めて。

 

外狩さんと無事合流し、それでは大淀町を楽しむツアーへレッツゴー!

 

奈良県大淀町の観光名所を巡る

今回、外狩さんの運転で大淀町を巡っていただきました。

駅に着いたときは観光名所があるのかと少し不安でしたが、そんな不安はいらなかったです。

 

約半日の滞在時間でしたが、外狩さんご協力のもと大淀町を存分に楽しみました。

 

豊臣秀吉が三重塔を盗んだ世尊寺

大淀町は奈良県の吉野地方にあります。

奈良といったらお寺で有名ですが、大淀町にも由緒正しきお寺がありました。

 

今回訪れたのは世尊寺。

外狩さんのおすすめポイントは桜が綺麗ということ。

 

行った時はちょうど桜が満開!

 

境内にはしだれ桜にソメイヨシノが綺麗でした。

 

以前、世尊寺には三重塔があったとのこと。

しかし、豊臣秀吉が伏見城に移し、現在、滋賀の三井寺に現存してます。

大淀町は戦国時代から多くの武将が訪れていた、土地なんでしょうね。

 

大人気の道の駅大淀iセンター

奈良県大淀町にも道の駅があります。

外狩さん話だと吉野に近く、休日は駐車場待ちの列になるくらい人気だという事です。

 

行ってみたら、平日なのにほぼ満車。

大淀町名産のお茶や新鮮な野菜やお土産が販売していました。

 

大淀町は吉野への途中にあるので、吉野帰りに寄るのもありですよ!

 

町内のシンボル桜がめちゃくちゃきれいな吉野川

大淀町には大きな吉野川が流れています。

吉野川は奈良県の吉野地方の山中に源流を持ち 、河口へ和歌山県の和歌山市です。

奈良県では吉野川と言いますが、和歌山県では紀の川と呼ばれています。

 

吉野川沿いには桜が植わっており、ドライブにも最適ではないでしょうか?

 

ボリューム満点のどんちゃん食堂

旅の楽しみといったら食事!

今回は大淀町で人気のボリューム満点の「どんちゃん食堂さん」へ行ってきました。

 

今回のランチは満腹定食880円!

ちなみに、ご飯と味噌汁おかわり無料です。

 

ランチで食べに行ったのですが、すべて作りたて!

通常ランチメニューだと、作り置きでおかずが冷めていることが多いですが、ここは揚げたて焼きたて。

 

唐揚げはめちゃくちゃ大きくて、めちゃくちゃアツい!

大淀町でがっつり食べたい方にはおすすめです。

 

大淀町の名産品、梨園を楽しむ

大淀町の名産品は梨です。

先ほど紹介した道の駅でも、梨シーズンには多くの梨が販売されます。

 

今回、外狩さんにご案内していただいたのは、梨狩りではなく梨の花見。

梨の花は白く遠くから見ると桜を白くしたような見た目です。

 

連れて行っていただいた、梨農園は梨の花の観光をメインとしているとのこと。

夜は梨の花をライトアップして楽しんでもらおうと面白い試みをしているそうです。

 

梨の花は今がシーズンなのでライトアップを見に行きませんか。

 

奈良県第一の温泉街 洞川温泉にもいってきました。

奈良県で温泉地と言ったらどこかご存知でしょうか?

 

実は、先日まで奈良県には温泉街がないと思っていました。

しかし、奈良県にも温泉街があります。

 

その名も洞川温泉(どろがわおんせん)

今回、外狩さんのご協力で奈良県第一の温泉街へ遊びに行きました。

 

奈良県大淀町は洞川温泉への玄関口

洞川温泉は奈良県のどこにあるかご存知でしょうか。

実は洞川温泉の最寄駅は大淀町の下市口駅です。

 

 

洞川温泉には下市口駅からバスで行くことができます。

私が行ったのは平日なので閑散としていましたが、週末は多くの人が温泉街へ行くバスに乗るそうです。

今回、私は外狩さんの車で伺いましたが、大淀町から洞川温泉までの道はかなりの山道。

 

大体、40分程度で洞川温泉へ着きました。

 

天川村のコアワーキングスペース西友

今回、洞川温泉へ行った理由は天川村の協力隊あんだいさんにお会いするためです。

奈良県は吉野地方に多くの協力隊がいるので、協力隊同士のつながりが結構あるんだって。

あんだいさんは洞川温泉のコアワーキングスペースを管理されているとのこと。

 

温泉街にあるコアワーキングスペースはカフェも併設されているのでいつでも行けますよ。

洞川温泉へ行った際には、あんだいさんが運営するコワーキングスペースにも行ってみてくださいね。

 

あんだいさんはこちらのブログでも紹介しています。

 

協力隊に聞く!奈良県大淀町の課題

今回、私の遊びをプロデュースしていただいた地域おこし協力隊の外狩さん。

しかし、協力隊だからこそ伝えたい!町の課題についても聞いてきました。

 

町民が大淀町を知らない

奈良県大淀町は大阪から約70分前後の場所にあります。

 

立地上、大淀町は大阪のベッドタウン化が進み、多くの町民が日中は大阪へ働きに行くそうです。

また、週末は大阪の中心部へ出かける人も多いとのこと。

 

大淀町には住んでいるけど、大淀町のお店や観光名所を知らない町民も多いみたい。

 

大淀町のことを知らない町民へどうやったら大淀町の良さを伝えれるのか。

うまく伝わる方法をイベントを通して試行錯誤中です。

 

ベットタウン化すると、こういう問題も起こるんだ。と少し考えてしまいました。

 

近隣の地域に住む人も多い

奈良県大淀町は大阪から約70分。

奈良県第二の都市、橿原市からは電車で約30分。車の場合、橿原市には約20分。

 

そのため大淀町で働いている方でも、便利な橿原市から通勤する人も多いそうです。

逆のパターンもあるそうですが、やはり便利な橿原市に住む人が多いとのこと。

 

どうやったら町民が増えるのかと日々考えています。

 

大淀町には高校がありますが、少子化で高校の生徒の減少なども、今後考えていかないといけないみたいです。

 

宿泊場所が少ない

大淀町は吉野に近い場所ですが、宿泊施設は町内に1軒しかありません。

実は奈良県は平成29年度都道府県別延べ宿泊者数が47都道府県の中で全体の46位。

 

それだけ、宿泊者数が少ないです。

 

宿泊場所が少ないと、多くの観光客は日帰りで帰ってしまうそうです。

 

その状況を打開しよう。と外狩さんは大淀町でゲストハウスの開業準備をしています。

近隣の方や多くの町民がゲストハウスの開業は歓迎なムード。

 

大淀町に新たなゲストハウスができて、夜の滞在者が増えてほしいですね。

 

大淀町へのアクセス方法 大阪から近鉄で約70分

 

最後に大淀町へのアクセスを紹介します!

大淀町と聞いても、どこにあるんだ!とわからない人も多いはずです。

 

大淀町から大阪、あべの橋駅から近鉄で乗り換えなしで便利

あべの橋で近鉄南大阪線に乗ったら約70分で大淀町の最寄り駅、下市口駅へ到着します。

 

下市口駅には全列車が止まります。

日中は急行電車が1時間に2本、特急電車は1時間に一本程度です。

 

ちなみに特急電車は特急料金がかかりますが、ゆったり行くなら特急を使うのもいいですよ。

 

奈良は以前も旅行へ行ったので、こちらもチェックです。

 

「協力隊のところへ遊びに行くキャンペーン」実施のおしらせ

最後の最後に「西野くにが遊びに行く、キャンペーン」実施のお知らせをします!

このキャンペーンは、私が地域おこし協力隊の方の活動場所へ行き、遊んできます。

 

遊んだあとはSNSやブログで大いに発信をさせていただきます。

 

ちなみにおかげさまで5月と6月は行き先が決定しました!

今後、多くの協力隊の活動場所へ遊びに行こうと計画しています。

 

もしご興味ある方ぜひぜひご連絡ください♫

 

また、今回遊びに行った外狩さん及びあんだいさんには感謝しております。

ありがとうございました。

 

 

コメント