西野くにのプロフィール

栃木県那須烏山市の地域おこし協力隊が案内! おすすめ旅

一人旅

こんにちは

西野くにです。

 

今回は高知県を離れて栃木県那須烏山市へ遊びに行きました。

那須烏山市で地域おこし協力隊をされている榎本さんの案内でおすすめスポットを紹介します

 

スポンサーリンク

那須烏山市1日ツアーに当選!

今回、私が那須烏山へ行った理由は以前、榎本さんが行ったプレゼント企画がきっかけでした。

Twitter

 

那須烏山のお話を聞いて、えのもとさんが活動する那須烏山市へ行きたい!

 

そう思い、抽選に応募したら見事当選!

 

https://twitter.com/maki_wildflower/status/1088429293523238912

 

ちなみに、榎本さんとは以前Re;協力隊サロン合宿で福井県にてお会いしています!

 

 

今回の旅先案内人

今回那須烏山市を案内するのは那須烏山市の榎本さん

榎本さんとは烏山駅で待ち合わせです!

 

Twitter

終点で乗ってきた2両の電車と記念撮影!?

 

実は烏山線は日本初の充電式電車です。

電化していない烏山線内は終点の烏山駅で電気を貯めて運転します。

 

那須烏山市の観光名所を巡って紹介

それでは那須烏山市を日帰りで榎本さんの案内のもと巡ってみます!

何も調べずに行ったのですが、榎本さんのおすすめルートはバッチリでした。

 

最初に案内されたのは山あげ会館

山あげ会館とは那須烏山市に昔から伝わる山あげ祭りを伝える施設です。

山あげ祭りとはユネスコ無形文化遺産に登録され、1年で那須烏山が盛り上がる祭り。

 

山あげ会館の館内に入るとまず、1階の奥の部屋に通され山あげ祭りをミニチュアで紹介。

 

榎本さん曰くシュールなものと聞いていたのですが、思ったよりよかったです。

その後は2階に上がり山あげ祭りの映像を見ることに。

 

すごく迫力があり山あげ祭りのことがわかりました。

今年の山あげ祭りは7月26・27・28日です。

みなさんも山あげ祭りを見に那須烏山へ行ってみてはどうですか?

 

 

どうくつでお酒を貯蔵するどうくつ酒蔵

那須烏山にはどうくつ酒蔵というところがあるということで連れて行ってもらいました。

Twitter

 

洞窟を蔵として使っている施設を無料で見学できます。

もともと太平洋戦争の際、戦車を製造していた施設を現在利用とのこと。

 

洞窟内は年間を通して10度前後と温度も安定。

固い岩盤の中にあるため、2011年の東日本大震災でもお酒は一本も割れなかったとのことです。

 

洞窟内に入るとやはり涼しい。

 

https://twitter.com/maki_wildflower/status/1133748491954544640

 

洞窟内には自分専用の熟成したお酒を保管できるとのこと。

例えば、子供が生まれた時に20年間熟成させて、子供の二十歳の誕生日に熟成させたお酒が届くシステム。

 

試飲もさせていただきとてもおいしかった。

お土産に買って借りましたが、帰宅途中に電車内で一杯やってしまいました。

 

 

那須烏山の名物!龍門の滝

榎本さんに次、案内された場所は近くにある龍門の滝です。

行った日は水量があまりないとのことでしたが、水が透き通っていて逆に当たりの日でした。

 

そして、この滝の由来は昔、この滝の下から龍が出てきたと言われています。

滝の横には施設があり、そこには大きな龍がいました。

 

この龍のところにあるボールが光るということで、すこし遊園地のアトラクション気分。

 

 

那須烏山の中心部に古くから賑わう中華料理店

今回、榎本さんの紹介でお昼へ行ったのは富士食堂さん。

 

夫婦で行っているお店のようで市役所からも近く、出前とかで市役所の職員にも愛されているお店みたいです。

今回いただいたのは今月のランチです。

 

 

680円!とっても美味しかったです。

地域の人が作った古民家おおすぎ

那須烏山の市街地から少し山へ入ったところへ行くと素敵な古民家が有ります。

以前榎本さんが #COトラック イベントで会場としたところです。

 

ここは地域の人がこのままで集落がダメになると感じ、自分たちで山から木を切り古民家を改修した施設です。

 

私が伺った時も大学生が合宿をしていました。

 

 

復活を願う国見の棚田

榎本さんから那須塩原に棚田があるということで案内させていただきました。

この国見の棚田は昔はすべてのところに水田があり稲作をしていたそうですが、現在はほとんどが放棄地です。

 

 

今後棚田が多くの人が利用できるようなることを願います。

 

 

隣の那珂川町の道の駅へ

実は那須烏山市には道の駅がありません。

ドライブをして隣町の那珂川町(なかがわまち)の道の駅へ向かいます!

 

その名も道の駅ばとう。

 

今回は那須烏山市の物産品も売っているので是非行ってみてください。

 

 

那須烏山の協力隊の拠点

最後に案内されたのが、那須烏山市の協力隊の秘密基地です。

那須烏山市では地域の空き店舗を拠点として使っています。

 

地域おこし協力隊の物件を借りて事務所をつくるという点は他の自治体に比べて融通が聞いていると思いました。

 

活動拠点はしかも市の中心部!

市役所にも歩いてもいけるので、イベント時も使用許可をどこかに取ることもなく利用できるので場所を借りる手間がなくて便利とのこと。

 

先日の鹿児島県の映画監督の山下さんがこられた際もここを利用してイベントを行なったそうです。

 雄川の滝のポスターもありました。

 

那須烏山市の協力隊に聞く課題

今回は那須烏山市の協力隊を訪ねました。

協力隊だからこそ感じている課題についても聞いてきました。

 

協力隊の方も今後の参考になるかもしれませんよ。

 

お土産が少ない!お土産を買う場所がない。

実は那須烏山市にはあまりお土産の種類がありません。

 

那須烏山産のお土産というと今回伺ったどうくつ酒造の日本酒・うどん・紅茶が代表的なお土産なそうです。

 

また、烏山駅前にはお土産屋さんはなく、市内でお土産を買う場所は山あげ会館さんとなっています。

しかも、4時閉館。

 

今回は夕方にお土産を買うことができず、隣町の道の駅へ行きました。

 

まちづくりの垣根が高い

これはどこの町も同じだと思います。

まちづくりという名前のハードルが高くて毎回参加する人が同じだったり、若者が気軽に参加できることが少ないそうです。

 

そこで、那須烏山市の隊員が借りている秘密基地でボードゲーム大会をしたり、スマブラをやり、多くの若者との交流を行っています。

 

さすがに私が協力隊の時、事務所でゲームをやっていたら怒られたでしょう。

 

しかし、那須烏山市ではそうやってゆるく活動することで高校生との繋がりもできてきたそうです。

 

次に続く協力隊が現在いない!

現在、那須烏山市の地域おこし協力隊は3名のみです。

しかも、全員1期生。

 

今回、榎本さんともう一人の協力隊員の方とはお会いしたのですが、聞くところによると個性がバラバラで仲は良い!

しかし、次に続く2期生がいないということが今の課題です。

次の隊員を作らないと今やっている地域おこしが止まってしまう可能性があります。

 

2期生を作ることが大事だという話になりました。

 

那須烏山市への行き方

東京都から那須烏山市への行き方は、同じ関東でも新宿駅から3時間以上かかります!

 

関東の人はまずは大宮を目指すことになります。

最近は東海道線から宇都宮線へ直通する電車が増えましたので行きやすくなりましたが。

宇都宮までは遠い。

 

しかも、宇都宮駅から那須烏山は烏山線という電車に乗るため、本数が少ないです。

 

関東と言いつつ時間帯によっては2時間に1本。

 

宇都宮駅から那須烏山駅まで電車が本当になく大変でした(´Д` )

 

「協力隊のところへ遊びに行くキャンペーン」実施のおしらせ

「西野くにが遊びに行く、キャンペーン」は実施中です!

このキャンペーンは、私が地域おこし協力隊の方の活動場所へ行き遊んできます。

 

ちなみに現在募集中は8月以降です!

 

伺うときは、気分で選んだ高知のお土産を持参します⭐️

 

興味ある協力隊員の皆様お待ちしております 。

 

 

那須烏山のお土産プレゼントキャンペーン実施のお知らせ

今回は下のようなルートで那須烏山市へ行ってきました。

https://twitter.com/maki_wildflower/status/1127215024840175616

 

ここで那須烏山市のお土産を1名ずつ計2名にプレゼントいたします!

 

1.那須野紅茶

2.島田うどん

 

どちらも那須烏山市の特産品です!

応募方法はこちら♫

 

<応募方法>

1.ツイッターをフォロー

2.応募のツイートをリツイート

<応募対象者>
栃木県在住および栃木県出身者以外の国内在住者!
海外へ郵送は税関などの手続きとかがありますのでご遠慮ください。

<応募締め切り>
応募期限:6月9日 21時まで!

当選者にはDMをさせていただきます。
なお、情報はこの企画以外には使用しません。

 

皆様の多数の応募お待ちしております!

 

 

コメント